日本秀蓮氣功師協会

クライアント体験談 〜Client Experiences〜

◎大阪府 女性

二人目の子供を妊娠してから、自分が子宮がんであることがわかりました。
薬を飲んだり手術をしたりできないので、気功治療をうけることにしました。
癌とわかったときから、出産月まで遠隔治療をしていただきました。
子供も無事出産できました。
その後、がん治療のため検査をしたところ、信じられないことに、癌がなくなっていることがわかりました。

↑ PAGE TOP



◎福岡県 女性

独身のころに子宮筋腫の手術をしました。
結婚後、5年ぐらいしてまた子宮筋腫ができていることがわかりました。
2週間に1度のペースで気功治療を受けたところ、子宮筋腫がなくなっていました。 

↑ PAGE TOP



◎福岡県 子供

アトピー性皮膚炎が慢性化してなかなか治りにくくなっていました。
かゆみを我慢するのがなかなかできないので、少し時間がかかりましたが、何度も気功治療を受けているうちにほとんどめだたなくなりました。

↑ PAGE TOP



◎福岡県 女性

中学生ぐらいから、てんかん発作を起こすようになりました。
精神状態も不安定になり、発作を抑える薬や精神安定剤など、薬ずけの生活を送っていました。
薬も少しずつ強くなり、朝、吐き気で食欲も出ない日もありました。
知り合いの方から、気功治療を薦められました。
何度か気功治療をうけることで、調子がよくなり精神安定剤も飲まなくてよくなりました。
ずっとなかった、生理もはじまりました。
発作も最近起こさなくなりました。


↑ PAGE TOP